スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観光客もびっくり沖縄の気温29℃ 秋も来ない、冬も来ない?沖縄

ハイサイ!毎日、日中は挨拶が、「今日も暑いですね?一雨恋しいですね?」そんな挨拶が続いています。今年は11月に入ってから二日間以外はずっと28℃前後の気温が続いています。今年は異常なのか?こんなに暑い沖縄ははじめてだって、思っていたけど、去年の今日も29℃あったんですね。1年前のブログにしっかりと記録に残していました。


E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9A201-thumbnail2.jpg

2015年11月18日の沖縄の気温は29℃でした。今日も29℃はあったと思います。夜になっても今、窓を開けて扇風機をフル回転させてブログを更新しています。


IMG_20161118_231945.jpg


IMG_20161118_231833.jpg

犬たちも暑くて家の中で眠っている犬の数より外で(ベランダ)眠っている犬たちのほうが涼しそう。スーパームーンも沖縄では連日きれいに見ることができました。

はじめての沖縄観光の方はビックリするでしょうね?


北海道をはじめとしてもう雪が降ったり寒いっていうのに、沖縄だけはいつまでも温暖化が続いています。こんなに暑い日が続くとふと思うことがあります。もし、沖縄に冬が無かったら?観光立県の沖縄にとって今のように秋になっても冬になっても気温が28℃前後の暑い沖縄のほうが集客力があるのでしょうね?

ふと、そんなことを感じる今日の暑さでした。沖縄県民の県民性として決まってよく食べるのがぜんざいです。

沖縄ざんざい

沖縄ざんざい


ぜひ、沖縄に来た時に沖縄県民がこよなく愛する沖縄ぜんざいを食べてみてくださいね。200円~300円です。テイクアウトも当たり前のようにやっていますよ。私が食べたぜんざいは250円。行列ができる本部町の新垣ぜんざいです。



スポンサーサイト
テーマ: 沖縄 | ジャンル: 地域情報

動画で伝える沖縄 小浜島の笑顔

動画で伝える、動画から伝わる沖縄の魅力


文章酒では、言葉だけでも、写真だけでも伝わらない、伝えきれない沖縄の魅力を動画で発信されていました。発信元は沖縄 小浜島。登場するのは小浜島の元気なオバー達、島の人々。

私のメインブログでもシェアしましたが、沖縄の魅力を、オバー達の素敵な笑顔をココでもシェアしようと思います。

以下、シェア


さて、今日は写真と動画を使って沖縄の魅力と共に、とくに動画の魅力も私が常日頃から感じていることを投稿しようと思います。

沖縄を象徴する赤花、ハイビスカス。その写真が風に揺られるとどうでしょう?感じ方が、伝わり方が別ものとして伝わりが感じられると思います。

小浜島
沖縄本島ではもうだいぶ少なくなってきた赤瓦、古民家。時間がゆっくりと流れる感じがする。子供の頃は、こんな古い赤瓦の家よりも鉄筋コンクリートの2F、3F建ての家に住んでいる友達が羨ましいと思った。

赤花 ハイビスカス


ストレスフリーなライフスタイルを感じる南国 小浜島のおばー達の笑顔。私が知っている、子供の頃に感じた理想のおばー達の笑顔だ。
KBG84 小浜島

KBG84 小浜島

投稿した写真は下記の動画からスクリーンキャプチャーして撮りました。
KBG84 小浜島

では、私が思う動画の魅力を綴ろうと思います。
インターネットの普及に伴い、YouTubeの登場、ニコニコ動画、ユーストのお蔭で動画がとてもより身近になった。スマホからも動画が見れるようにもなって、スマホからも動画が投稿、シェア、送信も出来るようになった。

4分26秒の動画ですが、この動画は内容が良いので、今現在、4分26秒×216,001=957,604時間ぶんの時間が試聴されていることになる。

今後、さらに4分余りの動画が沖縄の魅力を世界中の人他達にシェアされて広まっていくことでしょう。小浜島のこのオバーちゃん、登場している人たちの親戚、家族、兄弟、友達、知り合いもほっこり、ニッコリと遠く離れている所から、携帯でも見ていることでしょう。

動画のほうが写真よりも簡単にシェア(共有)出来る時代。だから、多くの沖縄の人たちが沖縄の魅力を動画で発信する人たちを私は増やしたいと思うのです。

上記の写真だけでは伝わらなかったと思う、動画の魅力。

沖縄の温かいところは、沖縄の言葉です。人です。歌です。いろんな人たちから気づかされました。教えられました。沖縄の魅力。
そして、世界中に発信したこの動画(写真も)は、きっと、世界中に広まって、24時間沖縄の魅力を会う人ごとに「めんそーれ 沖縄、小浜島」って、呼びかけてくれる不思議なパワーを備えています。それが動画の魅力です。
そして、数年後、さらに、この動画に価値が生まれます。永遠に。


沖縄本島にも古き良き昔の沖縄がある。
テーマ: 沖縄 | ジャンル: 地域情報

沖縄県本部町瀬底島

沖縄県本部町 瀬底島


沖縄県本部町というと多くの人が美ら海水族館をイメージするでしょうね?私は今、本部町に住んでいます。そんな私が勧めする観光スポットをいくつかご紹介したいと思います。あえて、美ら海水族館は皆さんご存知だと思うので割愛させて頂きます。

1月に沖縄へ訪れるなら、日本一早い花見が出来る八重岳を観光コースに加えることをおススメします。前回の投稿でも紹介しましたが気の早い桜がもう咲いている桜の木が数本あると新聞で紹介されていました。

ヒカン桜

動画で伝える八重岳の桜はこんな感じです。


今の時期なら本部町伊豆味ではミカンの詰め放題、みかん狩りも楽しめます。シークヮーサー詰め放題(約600g)300円でした。

本部町観光ガイド

備瀬のフクギ並木、古民家、水牛車に乗ってゆっくりと備瀬集落を散策するのもおススメです。

備瀬の情緒溢れる古き良き沖縄を感じる場所


さて、遠回りしましたが本日のおススメスポットは瀬底島です。今日は仲間と一緒になって今後、沖縄の魅力を動画で、写真でというよりも、YouTubeLIVE配信でお届けするイメージで打ち合わせも兼ねて、イメージ―を映像に撮ってきました。

沖縄県瀬底島

瀬底島に橋が架かったのは昭和59年。今から30年前。30年前は離島だったんですね。沖縄の島々がどんどん本島と繋がって島が島じゃなくなる。文明も発達してどんどん離島が減っていく。ちょっぴり寂しい感もありますけどね。

沖縄県瀬底島


沖縄の魅力を沖縄の至る所からYouTubeライブへ配信しようと思います。



テーマ: 沖縄 | ジャンル: 地域情報

ハートロック 恋が叶うという島 古宇利島

沖縄おススメパワースポット 恋が叶うというアダムとイブ伝説がある島、ハートロック


県外から沖縄に来た時に私がお勧めする観光スポットの一つが古宇利島です。でも、今までは古宇利島は進めても、古宇利島にあるハートロックのことはあまり説明していませんでした。

facebookでもよく投稿が目につくハートロックをバックに撮る人たちの写真。今日は、はじめて沖縄を訪れた友達をハートロックへ案内しました。

下記の内容は、メインブログに投稿した内容をシェアします。




ハートロックで一躍有名になった沖縄の観光スポット古宇利島へ行ってきました


JALのCMで、沖縄観光ガイドブックで紹介されるようになって一躍有名になったアダムとイブ伝説がある恋の島、古宇利島へ行ってきました。

実は、何度も古宇利島へは行っていますが、ハートロックを見るのは今回が初めてでした。生憎の曇り空で風も強くて動画の撮影には厳しい状況でしたが、しっかりと動画も撮りましたよ。

ハートロック 古宇利島

沖縄愛、三線愛を伝えるには最高のロケーションだと思いました。ハートロックをバックに、このステージで歌って、とても気持ちが良かったです。今度は、天気が良い日に、風が無い日に改めて動画を撮影しようと思います。

ハートロック 古宇利島

では、動画で古宇利島へ渡る映像を撮りました。晴れているとコバルトブルーの海がとてもきれいですよ。橋を走っていると「まるで天に向かって車を走らせているような感じです」そんな言葉が印象に残りました。



ハートロックをバックに三線も弾きました。歌も歌いました。とても気持ち良かったけど風も強かった。今度は、天気が良い日に、風が無い日に改めて撮影しようと思います。三線の動画は後程、追記、紹介しようと思います。

沖縄旅行、沖縄観光で、恋人、カップルにおススメな観光スポットです


沖縄 本部町観光ガイド 伊豆味みかん狩り、みかん詰め放題

沖縄の小さな魅力も発信したい!動画で伝える沖縄の小さな魅力


先日、何気に本部町伊豆味のみかん詰め放題の動画をアップしたら、三線友達の英理子さんがみかん(シークヮーサー)の詰め放題をしたい、そして、熊本の友達に送ってあげたいとのことで、やってきました。

本部町伊豆味 みかんの里販売店

恐るべし、YouTube 沖縄観光案内動画。(笑)

本部町観光ガイド

このシークヮーサーは、そのまま食べるというより、サワーにしたり、料理に使ったり、沖縄ではよくジュースとして販売されています。刺身が好きな人はお酢の代わりにこのシークヮーサーを入れます。

本部町観光ガイド

何気ない、みかん詰め放題を本部町伊豆味から発信していますが、こんな小さな沖縄の魅力でも、きっと、懐かしいと感じたり、故郷のことを想い出したり、そんな沖縄愛が伝わったらいいかな?って、動画で撮影してみました。

本部町観光ガイド


改めて、撮影した動画を客観的に見たら、我々の方が一番楽しいってことがわかりました。

まだまだ始めたばかりですが、こんな感じで、いろいろな方々と沖縄の小さな魅力を発見して当サイトやYouTubeに沖縄観光を動画で伝えたいと思います。


では、撮影した初レポーターの上江田武信と柿山英理子さんのレポーターぶりをご覧くださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。