スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画で知琉球王国 琉球の歴史

琉球の歴史がわかる。【室町時代】琉球王国と源氏


歴史を学ぶということは自分が誰であるかを知ることである。と、誰かが云っていた。その通りだと思うようになった。

今まで、日本の歴史には興味はあっても、勉強しても、琉球の歴史を学んだり、興味が殆どありませんでした。それが、趣味である三線をはじめてから徐々に沖縄の歴史、琉球の歴史に興味が湧いてきて、何で琉球の歴史を手っ取り早く学ぶのか?

私にとっての琉球の歴史の先生はYouTubeです。時間がある時に、琉球の、沖縄の民話から沖縄の言葉を勉強したり、琉球の歴史を勉強しています。


今日は、その中からYouTube見つけた琉球の歴史を2本紹介したいと思います。
琉球の歴史



スポンサーサイト
テーマ: 沖縄 | ジャンル: 地域情報

沖縄の民話 鬼(ウニムーチ)ムーチの由来 ムーチの日

沖縄の行事・文化 旧暦の12月8日はムーチの日


子供の頃から旧暦の12月8日、ムーチの日の日ということで、あの頃はどこの家庭でも、ムーチの日が近づくと、ムーチーカーサー(月桃の葉)をたくさん採ってきてムーチ(月桃に包んだ餅)を作る手伝いをしたものです。

何気に食べていた沖縄のムーチ。魔除けとは知っていたけど、こんな民話があるとは知りませんでした。沖縄のでは、子供が生まれた家庭では力ムーチといって一回りも二回りも大きなムーチを作って、親戚やお隣近所にわけていましたね。(私の記憶によると)

今では、ムーチの日といっても、家庭で作る家は殆どないと思います。だって、スーパーでその日の前後は沢山安く販売されていますからね。作る手間暇を考えると買った方が安上がりということでしょうか?

それよりも子供の頃、家族みんなで作ったムーチの日の楽しみがもう遠い昔のように感じます。

ムーチの由来、ウニ(鬼)ムーチの由来がYouTubeに投稿されていました。また、沖縄のサイトにも投稿されていますので、シェアします。


旧暦の12月8日は、「(ウニ)ムーチー」と言って沖縄では餅(ムーチー:月桃の葉に包んで蒸した餅)を作って食べ、厄払いする日です。またこの時期は1年中で最も寒さが厳しい時期で、この頃の寒さのことを「ムーチービーサ」と呼びます。今回は、この「(ウニ)ムーチー」の由来について。

---------------------☆--------------------

■鬼餅(ウニムーチー)の由来   【大里村】

 昔、首里金城に妹と兄がいました。兄はひょんなことから大里村に移り住みました。その兄が、夜な夜な村を襲いにわとりや山羊、牛を盗み、時には人間までも食べる「大里鬼」になって、洞窟に住みついているという噂が広まりました。妹は実否を確かめようと思い、大里の洞窟に行きました。

 「兄さん、妹です。」と、妹は洞窟の前で大きな声で叫びました。  どうやら、兄である鬼は外に出ていて留守のようです。そこで、妹は洞窟の中に入っていきました。すると、思わず鼻をつく悪臭がプンプンしました。  洞窟の中には、牛や山羊の骨が散乱しており、噂通り兄が鬼となって村の牛や山羊を襲い、食べていると悟り、怖くなって帰ろうと外へ出た所に鬼となった兄が帰ってきました。見ると、兄は筋肉隆々で、口は裂け牙がむき出し目は爛々と輝き、赤黒い毛に覆われた鬼の姿になっていました。

続きは、沖縄の民話のサイトをご覧くださいませ。

さらにわかりやすく

動画でムーチの由来

が投稿されていましたので、合せてご覧くださいませ。

テーマ: 沖縄 | ジャンル: 地域情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。