スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11回 うるま市エイサー祭り 9月2日、3日、4日

ハイサイ!台風12号が発生して、沖縄に接近?上陸?って、心配していましたが、どうやら台風12号も沖縄を反れるコースをとっているようですね。

台風12号

沖縄に台風が接近、上陸しない台風は過去にあっただろうか?沖縄の海を台風がかき混ぜて、サンゴの白化を防いで欲しいと思ったり、観光立県沖縄ですから、台風が接近するだけで、上陸しなくとも海から影響があるので、ダイビングショップなど観光にも影響ある。複雑ですね。断水も心配になりますしね。

さて、今日のテーマはエイサーです。
沖縄は旧盆が終わって、夏の終わりを告げるのがうるま市のエイサー祭りです。私はうるま市出身なので大のうるま市エイサービイキです。沖縄市がエイサーの里といち早く宣言して、全島エイサー大会も沖縄市で開催されて、インターネットでもライブ配信されたりと、うるま市は後れをとってはいますが、何といってもエイサーと言えば、うるま市、中でも、勝連、与那城のエイサーファンは多いと思う。平敷屋、屋慶名、平安名のエイサー。

知らない方の為に今日はエイサー情報を紹介しようと思います。

第11回うるま市 エイサー祭り 開催日9月2日前夜祭 3日、4日


台風が懸念されますが、今のところ、今の進路なら台風の影響は無さそうですが雨が心配ですね。台風の際は順延とのことです。

第11回うるま市エイサーまつりのイベントデータ
開催場所・会場 うるま市与那城総合公園陸上競技場・周辺
開催日・期間 2016年9月2日(金)~2016年9月4日(日)
開催時間 9月 2日(金):前夜祭 18:50~21:00 安慶名十字路~ろうきん具志川支店前県道
9月 3日(土)・4日(日):本まつり 16:00~21:00 
電話 098-978-9404 うるま市エイサー祭り事務局
ホームページ 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
荒天の場合 当日の状況により対応決定。台風時は次週順延。

★詳細はこちらをご覧くださいませ。

開催場所、駐車場、日程などは、うるま市観光情報サイトをご覧ください。当日は車は大変込み合うのでリムジンバスを利用することをお勧めします。(無料)

今のところ、大好きなうるま市のエイサー祭りに行く確率は30%です。昨年も行けなかったけで、沖縄、とくにうるま市のエイサーって、こんな感じで古典的なエイサーが平敷屋、平安名、与那城、西原などです。動のエイサーが屋慶名です。





余談ですが、うるま市と言えば、闘牛も盛んで、現在は知りませんが、昔なら、私が知っている限り3、4か所も闘牛場があったと思う。



スポンサーサイト

沖縄の長寿の秘密は祝いごとにあるかもしれない

沖縄の長寿の秘密は未来の楽しみ、祝い事かもしれない。
カジマヤー・97歳のお祝い パレード


カジマヤー

私のブログ呼夢叶夢でも同じ内容の記事を投稿しましたが、多くの人たちに沖縄の文化、行事を知ってもらいたくてここにも投稿しようと思います。
以下、呼夢叶夢のブログより参照



88歳、トーカチスージ(祝い)カジマヤー祝い・親戚、町中で祝うカジマヤーパレードが盛大に行われる。

カジマヤーの始まり・由来


88歳でトーカチと呼ばれる米寿のお祝い、そして97歳になるとカジマヤー(風車)のお祝いをします。

沖縄が長寿県を維持しているのは、健康食野菜を多く食べているから?ストレスを受けることが少ない?気候のせい? 
私が思うには、沖縄の人たちにとって、長生きするということは、とても良いことが97歳、98歳になったらわかる喜びと感動が待っている。人生の中でこんなに感動したことはない。自分が生きてきた証。人生の物語を振り返りながら、子や孫、曾孫たちの愛に包まれながら想い出を振り返る年。

カジマヤー・97歳の長寿の祝い 沖縄

沖縄では97歳カジマヤー(風車祭り)を動画のように盛大に町中の人たちが祝い、パレードを行う。心から盛大な拍手を贈って、町中の人たちが「おめでおう!!!おめでとう!おめでとう!」おめでとうを1000回言われたらどんなに幸せな気持ちになるのだろう?
祝福って、こんな感じかな?
撮影時に、私は86歳で亡くなった母のことを想い出して涙を流しながら撮影していました。

カジマヤー・97歳の長寿の祝い 沖縄

カジマヤー・97歳の長寿の祝い 沖縄

■カジマヤーの始まり

 大昔、天に届くほどの大きな木がありました。神様がその木を伝わって、天から降りて来てみると、地上には柔らかい良い土がたくさんありました。 「うん、この土ならば私が思っているような人間が作れそうだ。」と、神様 はすぐに六つの土の人形を作りました。ところが、作り終わったのが夕方にな っていたので、「これは大事な人間だから夕方に息を吹き込むのは良くない。  朝の満ち潮の時に命を与えよう。」と言って天に昇っていきました。

 ところが、翌朝、人形を作ったところに神様が降りて来て見ると、六つの人形は跡形もないほどめちゃめちゃに壊されていました。  「ひどいことをする者がいる。仕方がない。もう一度作るとするか。」  そこで、神様はもう一度、土で六つの人形を作りました。しかし、作り終わ ったのがまた夕方になってしまったので、神様は今度もその人形に命を与えな いで天に昇っていきました。

 三日目に天から神様が降りて来て見ると、また六つの人形は壊されていまし た。天の神様は大変怒り、六つの人形を作ると、その晩は誰が壊したのか見つ けようと思って見張りをすることにしました。

 その晩の真夜中になると、突然 まぶしい光が輝いて地面が二つに裂け、その中から老人の神様が現れて天の神 様が作った六つの人形を壊そうとしました。天の神様は、大声でそれを止めま した。「待て待て、私の物を勝手に壊すな。」  すると、地下から来た老人の神様は言いました。「私は、土の神だ。私に断 りなく土でこんなものを作ったのはお前か。」 そう土の神から言われると、 天の神も土の神に詫びるほかありませんでした。

 「そうか、これは悪かった。人間という者を作ろうと思って人形を作ったのだ。すまないが百年の間、この土を貸してくれないか。」  天の神は、土の神に頼んでその土を貸してもらい六つの人形を作ると、朝そ の六つの人形に命を吹き込みました。六つの人形は六人の人間になり、それが また三組の夫婦になって人間の世が始まりました。

 そのうち人間が次第に増えたので天の神が喜んでいると、97年目に土の神が やってきて言いました。

 「もう土を返してもらう約束の日になったから、返してくれ。」
 「まだ、百年は過ぎていないがどうして今日で百年なのだ」
 「いや、閏(うるう)の月が3年分あるから、それを数えると今日がちょうど百 年目だ。上の神様からのお達しもあるから、どうしても今日返してくれ」

 ところが、その時にはまだ子供もおれば、年寄りの人間もいました。 そこで、天の神様は土の神様に頼みました。「ご覧のように子供もいる。 それにみんながみんな百年生きたわけではない。どうにかならんか。」  そこで、天の神や土の神よりも偉い神様に申し訳が立つように、97年以上生 きた人間には、風車を持たせて、生まれたばかりの赤ちゃんの真似をさせるこ とにしました。

 沖縄では、97歳になると老人に風車を持たせて、村中を行列して歩いて、97 歳のお祝い(カジマヤー)をするのは、このように赤ん坊の真似をさせる約束が あるからだそうです。

妻のおばーちゃんのカジマヤー祝いの映像



祝・カジマヤー・パレードの動画






当民話は、沖縄国際大学文学部 遠藤庄治教授のご厚意により掲載させて頂いてお
ります。その転載・複写、一部引用等の二次利用は、教育目的、学術的な研究目的、
啓蒙的な意義のある活動(営利を目的としないもの) において自由に可能です。

アンガマ、アンガマとは?

アンガマ・黒島


あんがま


アンガマは、沖縄県石垣島など八重山地方に伝わる儀礼的集団芸能のひとつ。祖先を表わすと言われるウシュマイという老人とンミ(ウミー)という老婆の仮面を付けた二人を先頭に踊り手らが従い、家々を訪ねて語りや歌、踊りを披露する。旧盆の夜に祖先の霊を供養するために行なうソーロンアンガマ、婦人群舞の節(しつ)アンガマ、新築儀礼の家造りアンガマがある。 元来、士族階級層の行事だったが、明治以降農民層にも広がった。

アンガマとは、アンガマの意味


ウィキペリアから参照しています。

盆のアンガマは、次のように行なわれる。先祖供養のため家に招かれたウシュマイとンミは、その家の先祖の位牌を拝み、家の主人に祝言を述べ、そのあとを、笠をかぶって顔を隠した男女(精霊を表す)が従う[2]。ウシュマイとンミは、主人から酒や食べ物のもてなしを受け、アンガマを見に来た群集にあの世の先祖の話を裏声で語って聞かせる。

この動画は八重山地方 黒島のアンガマです。



八重山ではアンガマ隊もいるそうです。

動画投稿者:瑞慶山良哲さん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。